THE RESTORY web

number:

05

&

TABLE

 

DESK

HOME  RESTORATION repair Table & Desk  フレンチアンティークダイニングテーブル天板製作/再塗装修理

min

〈FRENCH ANTIQUE Dining Table REPAIR WORK〉

フレンチアンティークダイニングテーブル天板製作/再塗装修理

今回ご紹介するのはオーク無垢材でできた伸長式フレンチダイニングテーブルの修理です。
 

お客様がフランス滞在時にご購入されたオーク無垢材のアンティークテーブル。やさしい草華のレリーフが女性的で美しく、どことなく田舎のお婆ちゃんのような暖かい素朴なイメージも思い浮かばせます。これ程味わい深いテーブルもなかなかありませんが、長い年月とたくさんの思い出の中で天板は色あせ、オーク無垢材で構成された天板は自由気ままに歪み「味」ではすまない状態にまでなっていました。

――BEFORE ダメージが深刻な中央天板と比較的状態の良いエクステンション。このような伸長式テーブルは来客時などにテーブルを拡張でき大変便利なアイテムですが使用頻度が異なるため両翼に比べトップ天板が先に劣化してしまいます。

購入当時から歪みはあったようですが、生活の中でストレス無く使うには流石に難しいかもしれません。

 

それでも、お客様にとっては捨てられない特別な思いがあります。

 

同じ様なデザイン、時代の物は探せばいつの日か見つかるやもしれませんが、フランスで見つけた家具との出会いや、共に過ごした思い出は、代えられないものでしょう。

 

リストリーのコンセプトは、Re(再生)+ Story(物語)です。お客様の大切な物をいつまでも語られる物であるように、誰にでもできる修理や修復ではないからこそ私たちがお客様の最後の砦となれる。そんな思いと確かな技術でお応えしています。

今回の修理ではテーブル天板の新規製作とエクステンション部分の再生をさせて頂きました。

 

まずは既存のテーブル天板と同等の天板を製作する為に、じっくり観察。せっかく天板を作り直しても同じように歪んでしまっては意味がないので、既存の天板より中板を10ミリ厚くし構造もただ板を載せていた物から実矧ぎへ変更し製作。

 

既存の天板を細かく採寸し、できる限り近い木目を選び構成しました。

やはりエクステンション部分と新規で製作した天板とでは持つ雰囲気が全く違います。今回最も重要なのは、0歳の天板と約80歳のエクステンション天板を「共演」させる事。

0歳の新規天板を一度墨入れし木目のコントラストを強調させます。

続いて、エクステンション(両翼)の既存塗装を剥離し、新規天板と共に表面を紙やすりで削り、約80年という長い垢を丁寧に落としていきます。

何度も収縮、膨張を繰り返した無垢材はすっかり油分を失い、かさつき、隙間もあいています。修理ではなく修復する気持ちで丁寧に保湿し隙間を天然膠で埋めておきます。

 

同時に染色していきますが、木材の年齢で色の染まり具合が違いますのでエクステンションは染めすぎず、新規天板はしっかりと染色し、差がでないように調整します。

THE RESTORY web

人気の記事10選

★ BRASS PRODUCTS
アンティーク家具やオーダーメイド家具に欠かせない真鍮金物に焦点をあててご紹介します。
★ BOTANICAL ART
ボタニカル・アートの巨匠 ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテの作品を集めました
★ FRENCH POLISH
アンティーク家具に欠かせないシェラックと伝統塗装技法フレンチポリッシュとは
★ MUSIC STAND
バラバラに砕け散ったローズウッド材のアンティーク譜面台修復
★ LAMP SHADE
インテリアを彩るランプシェードの製作/修理
★ 天童木工アントラーチェア
「鹿」をモチーフにデザインされたダイニングチェアの張替え修理
★ ENTRANCE DOOR
イギリス製屋外木製玄関ドアの再塗装修理
★ REMAKE STORY 1
1920’s 激動の時代を生き抜いた和箪笥のリメイク事例 チェスト
★ REMAKE STORY 2
半世紀前 誂えた婚礼家具 「桐箪笥」… 姿を変え、蘇る我が家の宝物。 TVボード
★ THE CHAIR 張替え修理
ハンスJ.ウェグナーHans J. Wegnerの最高傑作、ラウンドチェア(通称:ザ チェア)
Show More

いかにも古い雰囲気を持つ方が約80年程前のテーブル天板、白い板が今回新規に製作した新しい「0歳」のテーブル天板です。

 

オールドオーク(左)と新規製作(右)とでハッキリと年齢の違いが見て分かります。同系の木材とは見えないかもしれません。

オールドオークの表面を整え、隙間を埋め、白木と同時進行で色調調整を施した状態です。

 

約80年という長い年月を生き抜いた木の姿と生まれたての木の姿、違和感ありますでしょうか。年代、産地、製材方法、部分的な違いにより染料の吸い込み具合や、油分の有無で全く違う木材を同じ風合いに仕上げるのは至難の業です。


新たにアンティーク風の物を作り出すよりも、既にある古き物に合わせて新しきを作る 事は実はとても難しいのです。

――AFTER 最後に全体をワックスで磨き上げ、脚枠と同様に艶を合わせます。レリーフ部分もお肌カサカサでしたがオイルを染みこませ、磨きあげれば元の姿に近づきます。

冬の乾燥が激しい時期にワックスで適度な油分を与えてあげると家具の乾燥しすぎを防ぎ、いつまでも元気でいられます。

日々のケアが大切ですね。

全体的に色あせが無くなり、程よい艶が戻りました。せっかくの納品写真なのですが、当日はあいにくの雨でございまして…


お客様の御新居が現在建設中でダイニングでの撮影ができませんでした。

お肌カサカサな状態が、すっかり生まれ変わりました。
オーク材独特の木目がとても優しく、趣ある雰囲気を演出しています。

 

当然ですが、1mmも歪んでおりません。

これから先、ガシガシ使って沢山キズついて、次の修理が必要になったころにまたお声がけ頂きたいです。どんな風にこの家具が成長していくのか、早くも楽しみです。

見事に「0歳」と「80歳」が共演しています。

まるでエステを受けた様な艶やかな仕上がりにお客様も大変喜んで頂けました。

――当店では名古屋市内だけでなく近郊地域への出張お見積りを致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

※出張お見積対応エリア名古屋市内から日進市・長久手市・春日井市・一宮市・みよし市・北名古屋市など名古屋市近郊の一部の地域へは無料で出張見積可能です。

 

詳しくはお電話にてお尋ねください。 リストリーアンティーク 052-734-6968

052-734-6968

フレンチダイニングテーブル修理

依頼地域:愛知県岡崎市

作業内容:天板製作/再塗装修理

作業期間:15日(乾燥時間含む)

大型天板修理 おすすめ関連記事