THE RESTORY web

03

number:

&

TABLE

 

DESK

HOME  RESTORATION repair Table & Desk  日本骨董-椿卓袱台再生修理

〈ANTIQUE Japanese Table REPAIR WORK〉

日本骨董 卓袱台の再生修理

min

約100年前にお客様の庭園にある椿の木を使って地元の大工さんによって作られた卓袱台です。
代々大切にされている歴史と思い出が詰まった素敵な卓袱台でが、長い歳月での老朽化で天板はバックリと割れ、土台となる木枠も外れている状態でした。
天板の繋ぎを修復し、既存の木材を再利用する形での木枠再生を行います。塗装は自然な風合いを楽しめるようにオイルフィニッシュで仕上げます。

THE RESTORY web

人気の記事10選

――BEFORE 卓袱台とはその名の通り食事用の座卓です。100年という長い歳月の中、当時から家族団欒の中心にあったであろう卓袱台。家の歴史と思いが染み込んだ思い出の品です。

写真は裏返した状態のものですが、天板部分が木枠とともに外れているのがわかります。

出張った組木を叩いて戻るという物ではなく、一度全て解体し、調整後、再度組みなおす必要がありました。  

約100年経っているテーブルですが組木の作りも素晴らしく当時の大工技術が詰まった作品に仕上がっていました。
触っていると油分がしっとりと感じられるので、シンプルにオイルフィニッシュで仕上げます。

まずは天板と脚の繋ぎを外し、パーツごとに分けて整面していきます。

当時の家具はヨーロッパ家具と同じく膠で接着されています。熱を加えたり叩けば簡単に解体できます。

バラバラに解体したパーツをひとつひとつ丁寧に鉋がけし、表面の汚れや小キズを削り落とします。

仕上がりを左右する整面作業はとても重要です。木枠部分だけでもかなり根気のいる作業で、数日かけて丁寧に整えていきます。鉋のあとは紙やすりで肌触り良くなるまで、サンディングします。

 黒ずんでいた表面も磨きをかけると艶やかな木目が顔を出します。このままでも十分美しい仕上がりで、この状態で組み上げ、完成しても遜色ない美しい椿材です。触るとしっとりとした質感で、わずかながらも椿特有の湿り気が感じられます。香りも良く、光をあてれば艶やかに輝くほどです。 

全てのパーツの表面を整え終えたところで、元の姿へ組み直し。わずかな段差もできない様に再度表面を調整します。

 

 

★ BRASS PRODUCTS
アンティーク家具やオーダーメイド家具に欠かせない真鍮金物に焦点をあててご紹介します。
★ BOTANICAL ART
ボタニカル・アートの巨匠 ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテの作品を集めました
★ FRENCH POLISH
アンティーク家具に欠かせないシェラックと伝統塗装技法フレンチポリッシュとは
★ MUSIC STAND
バラバラに砕け散ったローズウッド材のアンティーク譜面台修復
★ LAMP SHADE
インテリアを彩るランプシェードの製作/修理
★ 天童木工アントラーチェア
「鹿」をモチーフにデザインされたダイニングチェアの張替え修理
★ ENTRANCE DOOR
イギリス製屋外木製玄関ドアの再塗装修理
★ REMAKE STORY 1
1920’s 激動の時代を生き抜いた和箪笥のリメイク事例 チェスト
★ REMAKE STORY 2
半世紀前 誂えた婚礼家具 「桐箪笥」… 姿を変え、蘇る我が家の宝物。 TVボード
★ THE CHAIR 張替え修理
ハンスJ.ウェグナーHans J. Wegnerの最高傑作、ラウンドチェア(通称:ザ チェア)
Show More

写真の状態になるまで120番・180番・240番と順を追って表面の毛肌がなくなるまで整えておきます。

ダウンライトで見るとうねうねとした美しい木目が浮き上がってきます。

――いよいよ塗装作業にはいります。オイルステインでの塗装は大まかに4工程。塗っては磨き、塗っては磨きを繰り返し適度な色艶になるまで塗装します。単純な塗装ですが、その仕上がりは大変に美しく工芸家具には好んで使われます。

色調合したオイルステインで塗りたくった状態です。
この写真でもよく分かる通り、木目によってオイルステインの吸収率が異なります。

吸収が早い部分と吸収が遅い部分とが混合していますが、約15分ほど置いておくと徐々にオイルが道管に浸透していって、固まり、しっとりと馴染みます。

吸収しきれなかった余分なオイルステインを拭き取った状態です。既に深みある色艶が出来上がっています。
ムラなくしっかりと色が染み込んでオイルステイン独特のしっとりとした風合いがとても綺麗です。

一日時間を置いて、オイルステインがしっかり定着してから更に磨きをかけます。

オイルステインを重ね塗りし、その上で耐水サンドペーパー400番で磨きます。240番では少し毛羽立っていましたが、それもなくなりさらにツルッツルの肌触りです。

また少し時間をおいてから同じようにオイルステインを塗ります。1200番とワイヤーウールで研磨していきます。

しっかりと乾燥させた後、最終仕上げにワックスをすりこみ綺麗に磨き上げれば完成です。
オイルステインは導管に入り込み固まる事でわずかながら防水効果を発揮しますが、ワックスを擦り込み磨き上げることによってもう一層、防水効果・防虫効果が加わります。

――AFTER 天然ワックスを擦り込んだ表面は色艶も良く、お手入れ次第ではいつまでも美しさを保つことができます。ウレタン塗装の様な強靭な塗膜をつくってしまうと、この様な木が持つ本来の自然美を楽しむことができません。

リストリーショールームの和室にて撮影

100年近くの時を超えて、また初々しい姿に生まれ変わった椿卓袱台。オイルフィニッシュの艶と流れるような優雅で生命力ある木目は世界にひとつの品にふさわしい逸品。

和モダンの代表とも言えるジョージナカシマのコノイドチェアにも引けを取らない存在感です。

――当店では名古屋市内だけでなく近郊地域への出張お見積りを致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

みなさまのご自宅にも大切な家具が眠っていませんか。良い作りの家具はまだまだこれから100年だって使えます。

「昔のままのスタイルじゃ今の生活に馴染まない」

まずは一度ご相談ください。年間100件以上の修復を行う職人がよりよい生活スタイルへのお手伝いをさせて頂きます。

 

 

 

 

※出張お見積対応エリア名古屋市内から日進市・長久手市・春日井市・一宮市・みよし市・北名古屋市など名古屋市近郊の一部の地域へは無料で出張見積可能です。

 

詳しくはお電話にてお尋ねください。 リストリーアンティーク 052-734-6968

和骨董 椿テーブル再生修理

ご依頼地域:愛知県春日井市

作業内容:木部組み直し/塗装再生オイルステイン仕上げ

作業期間:7日(乾燥時間含む)

052-734-6968

オイル系天板塗装 おすすめ関連記事