THE RESTORY web

07

number:

&

TABLE

 

DESK

HOME  RESTORATION repair Table & Desk  日本骨董-和製アンティークテーブル再生修理

〈ANTIQUE Japanese Table REPAIR WORK〉

時代を繋ぐ家具 和製アンティークテーブル再生修理

min

今回ご紹介しますは、大正時代に作られたワークデスク。お客様の祖父母様がお使いになられていた、長き歴史を知る机です。作りはシンプルですが、全て無垢材で構成されており、轆轤脚のデザインが柔らかさを演出しています。時代を超えてきた確かな趣に、懐かしさと大人な落ち着きを感じます。

そんな大正ロマンを感じさせてくれる机ですが、立っているのがやっとな程のぐらつき、長年の傷、汚れ、染み、更には焼け跡まで。家具として、道具として、先人と共に時代を生き抜いてきた姿です。

THE RESTORY web

人気の記事10選

――BEFORE ご依頼下さいましたお客様は新生活を迎えたばかりの若いご夫婦でした。先代から愛されたこの机をふたりの団欒の場として蘇らせたい。そんな思いでご依頼下さいました。これまでもこれからも家具は人と共に活きるのです。

板面の真ん中に大きな黒い墨染みが深くまで浸透しています。所々、赤い染料が染みつき、半田ごての様な焼け跡もついています。

削って取れれば良いのですが、染み込んだ染料は完全には落ちてくれません。

 

  

天板は3枚板で構成されており、内2枚が完全に離れてしまっている状態です。

大正時代というと正に100年前なわけですから、この高温多湿の日本で幾度も収縮、膨張を繰り返してきたわけです。

  

まずは天板を裏から叩いて解体していきます。
膠などの接着剤は使われておらず、全て木組み、釘打ちでの接合ですので比較的簡単に外れます。

左は取り外した天板の裏側を撮影した物です。黒ずみはインクではなく焦げ跡です。
どの様な経緯でここが焦げているのか、想像に難しいですが、恐らくこの机に仕立てる前から木材に付いていた焦げ跡だと推測します。

そうでなければ付きようがないですよね、この下、引出しですし…引き出しに焼け跡はないのですから。

こうして触って初めて気付く発見に昔の情景や、不可思議な事が発覚していく。アンティーク修理の醍醐味です。

 

 

★ BRASS PRODUCTS
アンティーク家具やオーダーメイド家具に欠かせない真鍮金物に焦点をあててご紹介します。
★ BOTANICAL ART
ボタニカル・アートの巨匠 ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテの作品を集めました
★ FRENCH POLISH
アンティーク家具に欠かせないシェラックと伝統塗装技法フレンチポリッシュとは
★ MUSIC STAND
バラバラに砕け散ったローズウッド材のアンティーク譜面台修復
★ LAMP SHADE
インテリアを彩るランプシェードの製作/修理
★ 天童木工アントラーチェア
「鹿」をモチーフにデザインされたダイニングチェアの張替え修理
★ ENTRANCE DOOR
イギリス製屋外木製玄関ドアの再塗装修理
★ REMAKE STORY 1
1920’s 激動の時代を生き抜いた和箪笥のリメイク事例 チェスト
★ REMAKE STORY 2
半世紀前 誂えた婚礼家具 「桐箪笥」… 姿を変え、蘇る我が家の宝物。 TVボード
★ THE CHAIR 張替え修理
ハンスJ.ウェグナーHans J. Wegnerの最高傑作、ラウンドチェア(通称:ザ チェア)
Show More

 天板を支える脚の付け根が真っぷたつに裂けてしまっていました。これが原因で過度なぐらつきが発生していたんです。

もともとシンプルな作りですからひとつ問題があると一気に全体まで影響がでてしまいます。

ぐらつきの原因がはっきりしたところで、隙間を接着固定しクランプ固定します。今回は姿かたちはこのままで、安全に使用できれば良いとの考えでの施工ですので、
更にダメ押しでスクリューでしっかり噛み合わせました。 

――「ネコがのってもぐらつかない様にしてください。」猫が飛び乗ってもビクともしないしっかりとしたフレームになりました。もちろん食事や書き物も支障なくお使い頂けます。続いて天板の調整に入ります。

まずは鉋で全体の起伏をフラットに調整していきたいのですが、想像以上に湾曲しており、鉋がかみ合わない。

ある程度まで反りを治そうと1週間近く湿度を上げたり、プレスしたりと、限界まで向き合ってみました。

思った以上に素直に応えてくれまして、生活に支障が出ない程度にまで反りが改善されました。

今後の反りがどの程度でてくるかわかりませんので、裏面に補強の材をいれて様子を見ることにします。

  

左:BEFORE 右:AFTER

無数についていた穴をパテ埋めして、反り繰り返っていた板もご覧の様にフラットな状態にまで修正されています。

左:BEFORE 右:AFTER

左奥の脚の先端部が半分欠け落ちた状態です。欠けた形に合わせて木片をあてがい、ぴったりと接着し復元します。

――AFTER 天板調整が終われば最後は塗装を施して完成です。今回は従来の塗装通り、ステインでの着色後、オイルフィニッシュで仕上げていきます。

――当店では名古屋市内だけでなく近郊地域への出張お見積りを致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

とっても凛々しいネコちゃん、お気に入りの場所になるのでしょうか。
祖父母様がお使いになられていた、思い出の机が、何十年もの時を超えて、受け継がれていくと言うのは、なんとも素敵なことに感じます。この机でまた新たなストーリーが刻まれていくことでしょう。

 

 

みなさまのご自宅にも大切な家具が眠っていませんか。良い作りの家具はまだまだこれから100年だって使えます。
まずは一度ご相談ください。年間100件以上の修復を行う職人がよりよい生活スタイルへのお手伝いをさせて頂きます。

 

 

 

 

 

※出張お見積対応エリア名古屋市内から日進市・長久手市・春日井市・一宮市・みよし市・北名古屋市など名古屋市近郊の一部の地域へは無料で出張見積可能です。

 

詳しくはお電話にてお尋ねください。 リストリーアンティーク 052-734-6968

和骨董 大正時代机再生修理

ご依頼地域:愛知県名古屋市

作業内容:天板木部組み直し/塗装再生オイルステイン仕上げ

作業期間:7日(乾燥時間含む)

052-734-6968

オイル系天板塗装 おすすめ関連記事